キレイの秘密!~美肌のススメ
いつまでも若く 輝いていたいから


☆キレイを決してあきらめないで!☆

シミ・シワ・たるみなどの悩みを解消して
美と健康を手に入れましょう
内から外からアンチエイジングでぷるぷる美肌

♪  ♪  ♪ 大人気 ♪  ♪  ♪
真鍋かをりさん愛用!プロアクティブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の“パサパサ髪”を防ぐ方法
 一段と寒さが厳しいこの季節。肌の乾燥はもちろん、頭皮の乾燥や髪のパサつきが気になる方も多いのではないでしょうか。

 顔の肌と頭皮はつながっており、構造も一緒です。肌が乾燥するように頭皮も乾燥します。頭皮が乾燥すると、潤いがなくなり弾力が低下します。そして髪にもハリやコシがなくなりパサつきやすくなるのです。乾燥しやすい冬は、頭皮や髪もしっかり保湿を行い、乾燥を防ぐことが大切です。

 ◇シャンプー前にオイルケアをしましょう

 ホホバオイルなどの植物油(化粧品用)をシャンプー前の乾いた頭皮になじませ、軽くマッサージしましょう。頭皮や髪に適度なうるおいを与え、パサつきを防いでくれます。また、乾燥による古い角質や汚れを除去してくれるので、頭皮のかゆみやフケが気になる方にもおすすめです。血行も促進され、髪のハリやコシもアップします。

 ◇頭皮は指の腹で、髪はこすらず洗いましょう

 濡れた状態の頭皮や髪はとってもデリケートです。爪を立ててゴシゴシ洗うと、地肌を傷め、乾燥の原因になります。指の腹で優しく頭皮を揉むように洗いましょう。髪はこするとキューティクルがはがれ、パサつきの原因になります。こすらないように注意しましょう。

 ◇お湯の温度に気をつけましょう

 冬は寒いので、熱めのお湯で頭皮を洗っている人も多いのではないでしょうか。実は、これが頭皮や髪の乾燥の大きな原因にもなっています。必要以上に水分や油分を取りすぎないように、適温(約38~40度)で洗髪するように心がけましょう。

 ◇ブラシは静電気がおきにくい天然素材を選びましょう

 冬は乾燥によって髪にも静電気がおきやすく、切れ毛や枝毛の原因にもなります。ブラッシングの際は、静電気が起きにくい木製や猪毛などの天然素材を使用し、毛先から徐々にとかすようにしましょう。

(以上、YAHOO!ニュースより引用)
スポンサーサイト
3分でできる「温感ケア」
気温が低下し乾燥も本格化する秋冬。
美容家の小林ひろ美さん曰く、
肌を温めることは、スキンケアに効果的とか。

「この時季の肌は冷えのせいで“美の元栓”がロックされたような状態。
温感ケアは、それをじんわり温めることでゆるめてあげるケアです。
肌表面にヨロイのようについていた余分な角質が取れると、
化粧品の浸透がよくなり、血液やリンパの流れもスムーズに」
という小林さんがオススメする、3分でできる温感ケアは以下の通り。

温感クレンジング
グリセリンなど温感効果のある成分を配合した洗顔・クレンジングアイテムなら、誰でも手軽に温感ケアできます(小林さん・以下同)。

手を温めてからスキンケア
化粧水をつけるとき、手が冷たいと肌がキュッとしまって浸透の妨げに。

眉もみ&耳もみ
冷えた肌を温めるのに意外と効果的なのがこの2つ。眉や耳をもむだけで血行がよくなり、顔色がパッと明るく。

足首ラップ
リンパを流すようにオイルを塗り、ふんわりラップを足首に巻くだけ。

この冬は温感ケアを取り入れて、美肌を守ろう!

(以上、YAHOO!ニュースより引用)
☆  ☆  ☆  ☆  ☆


キレイになる塩ヨーグルトレシピ
塩麹や醤油麹、甘酒など、発酵食品が注目を集めています。いま気になるキーワードは、塩ヨーグルト。ヨーグルトを料理に使うことがあっても、なぜ塩入りなのでしょうか? 『塩ヨーグルトをはじめよう』(文藝春秋刊)の著者・佐藤わか子さんによると、無糖ヨーグルトに塩や味噌などの塩分を加えて作った調味料のことをまとめて「塩ヨーグルト」と呼んでいて、料理に使える万能調味料となるというのです。

「塩ヨーグルトは塩麹と同様に発酵食品ですが、手軽に入手しやすく、経済的。塩分を加えることでヨーグルトの酸味が抑えられ、本来の甘みも引き立ち、調味料として使いやすくなります。また、ヨーグルトには、腸内環境を整え、新陳代謝を活発にしたり、免疫力を高めてくれたりする作用があります。三大栄養素や、美肌に効果的なビタミン、骨を丈夫にするカルシウムも含まれていて、女性にとっては欠かせない食品といえます」

確かに、塩麹を自分で作るにも、麹はよく見かけるものではなく、さらにブームで入手困難。でも、ヨーグルトならばスーパーやコンビニでも簡単に手に入りますね。すぐにできるレシピを教えてください!

「塩ヨーグルトのお漬物は簡単です。食品用保存袋にヨーグルト100gに塩小さじ1、切り昆布を入れてよくかき混ぜ、塩もみをしたきゅうり2本を入れます。中の空気をしっかりと抜き、封をして冷蔵庫で2日間おきます。食べるときにヨーグルト床を洗い流し、切って器に盛りましょう。きゅうり以外にも、塩もみをしたかぶ、にんじん、白菜などでも漬けられます。豚肉の味噌ヨーグルト漬けもいいですね。食品用保存袋にヨーグルト大さじ2、味噌大さじ1、はちみつ小さじ1/2を入れてよく混ぜ合わせ、豚ロース肉2枚を入れるだけ。あとは冷蔵庫で半日~1日ほど漬け、キッチンペーパーなどでヨーグルト床を軽くふき取ったら、筋を切ってサラダ油を熱したフライパンで焼くだけで完成です」

ヨーグルトのお漬物!?とドキドキしたのですが、作ってみるとマイルドな酸味で美味しく仕上がってびっくり! これならば、料理を作った残りの野菜の使い道にもなりますね。

(以上、 YAHOO!ニュースより引用)
☆  ☆  ☆  ☆  ☆

「若返り本」売れ筋ランキング
驚異の若返り健康法が話題となり、本人も50代にも関わらず30代の見た目を保ち続けているDr.ナグモこと南雲吉則先生。そんな氏が支持されている影響もあってか「○歳若返る~」というタイトルの本が沢山刊行されている。そこで今回は「○歳若返る」とタイトルで銘打たれている生活実用書を売れ筋ランキングで紹介。


■1位『「空腹」が人を健康にする 「一日一食」で20歳若返る!』(南雲吉則 サンマーク出版)
現代人の生活は、お腹がすかなくても時間になれば食事をしてしまう。そんな飽食に対して人間の体は対応できるようにはつくられていないため、様々な弊害を引き起こしているのだという。その他、さまざまな医学情報や自身の体験をもとに、「一日一食」が人間にとってベストな食事法だということを説明、新たなライフスタイルを提案する画期的な本。

■2位『「砂糖」をやめれば10歳若返る!』(白澤卓二 ベストセラーズ)
精製された「砂糖」「塩」「油」……近年の研究で、これらの食べ物が一般に「麻薬」と呼ばれるものとまったく同じメカニズムで脳に快楽を与えて、体に刷り込みを与えていることが明らかになってきています。脳にすり込まれた砂糖、油、塩の快楽を断てば、100歳まで「美しく、健康」でい続けられる!

■3位『5歳若返る からだにいいこと 5歳老化する からだに悪いこと』(中野ジェームズ修一 大和書房)
ストレッチでは痩せない!? 姿勢に気をつけても、猫背はなおらない!? 野菜中心の食事は、実は不健康!? トップアスリートの活躍を支えてきた名トレーナーが答えるからだ・運動・ダイエットの常識55。

■4位『身体機能が10歳若返る 大人の体幹トレーニング 』(本橋恵美 永岡書店)
体幹は運動能力や健康増進の要。体幹を鍛えることで様々な身体機能が活性化して、衰えた肉体は芯から蘇る。トップアスリートやモデル、タレントを指導する著者考案の「衰えた体を再生する本橋流・体幹トレーニング」を紹介。

■5位『50代から15歳若返る!! かづきれいこの「かんたん美顔テープ」プレミアムメソッド』(かづきれいこ 主婦と生活社)
40代は20代に、50代は30代に! あっという間に若返る究極のアンチエイジングメイクメソッド。最新のかづきテープ&メソッドで、老け顔の原因となる嫌なシミ、シワ、クマ、くすみ、たるみ、毛穴がたちまち消滅。顔が上がってツヤや透明感、ハリ、弾力のある美肌&小顔を実現します。

※ランキングは2012年7月10日 e-hon調べ

(以上、YAHOO!ニュースより引用)

☆  ☆  ☆  ☆  ☆




「干し野菜」で美肌&ダイエット
ドライフルーツは体に良いと聞いていますが
干し野菜」もいいんですね!
気になる記事を見つけましたので紹介します。

(以下、 YAHOO!ニュースより引用)


古くから日本に伝わる保存食「干し野菜」。
傷みの原因になる水分を取り除き、乾燥させた野菜や果物のことで、
毎日気軽に食べられるためダイエットや美肌作りにも効果的だそう。
野菜ソムリエの長谷部直美さんによると、意外に作り方は簡単とか…。

「好きな野菜を食べやすい大きさに切って、普段と同じようにあく
抜きなどの下処理をしたら、できるだけ風通しのいい場所に干すだ
け。日の当たる縁側やテラスはもちろん、スペースがなければ
新聞紙の上に広げておくだけでも大丈夫です。洗濯物のように
室内で干してもいいので、誰でも手軽に作れます。シワが寄って
しんなりする『半干し』と、完全に水分が抜けてカラカラにな
『完干し』があり、好みで選べばOK。できあがる時間は野菜に
よって異なりますが、低温のオーブンで加熱する時短テクもあり
ます」

水分さえ飛ばすことができれば、方法はわりと自由なんですね。
賞味期限は干す時間や気温などによって変わるけれど、半干しなら
1週間が目安だとか。完干しは密閉容器で冷暗所に保存しておけば、
数カ月もつ場合もあるそうです。だけど、干し上がりの状態から
色が変わってきたら、早めに食べきったほうがいいとのこと。
では、女子におすすめの野菜や果物は何ですか?

「トマトは美肌効果が高いのでおすすめです。サラダやチャーハン、
和え物など応用が利くのもうれしいところ。そのほか、リンゴや
バナナ、イモ類は甘みが強く、お菓子として食べる人が多いですね。
また、どの野菜も干すことで噛みごたえが出るため、少量で満足感
を得られ、食べ過ぎを防止できます。旨みが凝縮されるので調味料
を使う量が減り、自炊で無駄なカロリーを摂取しなくなるのもポイ
ントです」

お菓子代わりにつまめば、健康的にダイエットできますね。
野菜炒めや煮物など、普段つくるメニューに取り入れてもいっそう
おいしく食べられるよう。手作りの干し野菜で、肌見せの季節に
備えてみる?


(以上、YAHOO!ニュースより引用)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。