キレイの秘密!~美肌のススメ
いつまでも若く 輝いていたいから


☆キレイを決してあきらめないで!☆

シミ・シワ・たるみなどの悩みを解消して
美と健康を手に入れましょう
内から外からアンチエイジングでぷるぷる美肌

♪  ♪  ♪ 大人気 ♪  ♪  ♪
真鍋かをりさん愛用!プロアクティブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「1分で目を大きくする」モデルのマル秘テクとは
モデルの鳳恵弥さんがとして撮影の時に使っているマル秘テクニック
を紹介している記事を見つけました!

写真の写りが3倍増しになる美人テクニックです!

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

(以下、 YAHOO!ニュースより引用)

写真写りを決める目力を3倍増しにする方法をお伝えします。

 いざ、写真を撮るとなると、つい恥ずかしくなったりしてしまいますよね。実はそれが写真美人への道の最大の難敵!私自身、このお仕事をしていると確かに写真に撮られる機会が多いのですが、「たくさん仕事経験があるから、元が違うから映りが良いのよ」なんていわれることが多々あります。そういった言葉を同じ女性から耳にすると非常に残念でなりません。なぜなら、ちょっとしたコツで瞬間的にキレイに写る方法がたくさんあるからです。

 一番大事なのは、表情です。心の動きに従って、様々な表現をするのが表情。嬉しい、悲しい、辛い、寂しい・・など、感情が表れます。表情の変化は、相手に意思も伝えています。

 その表情を変えるだけでも、写りはぐんと良くなるのです。

 つまり、ファインダーを向けられたとき、あなたが表現したい気持ちを思うだけで良いんです。詳しく言うと、嬉しいとびっきりの表情は、好きな物、素敵な思い出、楽しい記憶、大好きな彼がカメラの向こうにいると思って……ファインダーを見てください。優しい表情は、赤ちゃんや大好きな子供が居ると思ってレンズを見ましょう。自然と優しい微笑みになっているはずです。

 「なんだ、そんな事か!」とお思いの方もいらっしゃると思います。でも、意識しないと、案外気がつかないものだったり、忘れてしまっていたりするものです。

 また、もう一つ気になるのは、目の大きさ。「もっと目が大きくなればいいのに」と感じている方も多いと思います。目は表情を印象づける大切な部分です。写真に写るときは、不自然にならない程度に目を見開くとキレイに写ります。ただ、目の周囲の表情筋が凝り固まっていると、上手く筋肉が動かず、やり過ぎた感じに写ったり、半開きになったり……とっても怖くなってしまいます。

 目の周囲は、表情筋で動いています。その筋肉を上手く鍛えるプチトレで、美しい目元を作っちゃいましょう!

*目を大きくするプチトレ*

カンタン編

(1)寄り目にする
(2)ぎゅっと上まぶたに力を入れ、しっかり目を閉じる
(3)目を開けたら黒目を上に向かせる
(4)やさしく目を閉じる
(5)また目を開けて、左右斜め上をそれぞれ見る
(6)目を閉じる

 これを1セットとして10回ほど繰り返します。もちろん目の運動なので、顔の位置はそのまま動かさずに目だけを動かして行って下さい。

おうちでこっそり編

 ここからは、いわゆる「変顔」になってしまうエクササイズ(笑)。オフィスで行うには勇気がいるので、ぜひご自宅で試してみてください。効果は抜群です。

(1)下瞼の筋肉を持ち上げる(2)(1)の状態を保ちつつ、上を見る ×10回(3)最後に上瞼を引き上げる
(4)斜め上を見て、黒目を左右に動かす

 どうでしたか?目の周りがほぐれてきた感覚はありませんか?

 「最近、目が笑っていないなぁ」「もっと目をぱちりと大きく見開きたい」という方は、続けてやってみてください。「変顔」の効果はきっと表れます。


鳳 恵弥

元・準ミスインターナショナル。2002年に準ミスインターナショナルを受賞。モデル、女優として数多くのCMやドラマで活躍。2009年からは、これまでの経験を生かし、ミスインターナショナル、ミスワールドの日本候補者指導をはじめ、子どもからモデルまで、幅広い層のウォーキングやポージング、ダイエット、就活指導などを行う。

(以上、 YAHOO!ニュースより引用)
☆  ☆  ☆  ☆  ☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。