キレイの秘密!~美肌のススメ
いつまでも若く 輝いていたいから


☆キレイを決してあきらめないで!☆

シミ・シワ・たるみなどの悩みを解消して
美と健康を手に入れましょう
内から外からアンチエイジングでぷるぷる美肌

♪  ♪  ♪ 大人気 ♪  ♪  ♪
真鍋かをりさん愛用!プロアクティブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外から効果的に体を温める方法
テレビや雑誌などで美容・健康に関する情報を発信し「きれいをつくる女医さん」として多くの女性から支持を集めている友利新先生の記事をご紹介します。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

(以下、 YAHOO!ニュースより引用)

今回のポイント「外から効果的に体を温める方法」

外から温めるにはリンパマッサージ
足浴+半身浴が最強の温めワザ!
日常生活の過ごし方で温め体質に!

 前回(「体を温めてくれるのは加熱したショウガ」)、体の中から温める食材としてショウガをご紹介しました。今回は、外側から体を温める方法についてお話しします。有効な方法としては、老廃物を運ぶリンパを流すマッサージをすることと、入浴です。

 血流が滞りやすい時期なので、むくみに悩む方も多くなると思いますが、そういう方にリンパマッサージはすごく効果的です。体にはリンパが張り巡らされています。大きなリンパ節は足ならば太ももの鼠径部、腕ならば脇の下の腋窩にありますが、その部分をマッサージすることで、リンパの流れをよくすることができ、血行もよくなります。

 また、半身浴をすると全身が温まってきます。その時に肩にタオルをのせると、肩こり防止になるのでお勧めです。

 冷えが悪化して、半身浴でもなかなか温まらない、という人は少し熱めのお湯で足浴してみてください。血管がキュッと引き締まり、そのあとふ~っと広がっていくので血管のストレッチにもなります。その後で半身浴をすれば、より芯から温まるのを実感できると思います。神経を落ち着かせ、リラックスできる入浴の時間は冷え対策にはもってこい。ぜひ活用しましょう。

 そして、今年の冬ならではのことを一つお話しします。今年は特に、節電の大切さをみなさん考えていると思います。しかしあまりネガティブに考えないでください。節電ということは、自分の体を温める絶好の機会かもしれません。

 暖房に頼りすぎず、自分の体を温まりやすくすることが、一番の節電です。温まりやすくするには、やはり筋肉が必要になるので、ちょっとした運動をして筋肉量をキープしておけば冷えにくい体質になります。

 手っ取り早いのが大きな部分の筋肉を鍛えること。例えば太ももの後ろの大殿筋。こちらは意識しないとなかなか日常で使われないので、このハムストリングを鍛えるだけでもぐっと冷えは解消されるはず。

 現代人は姿勢が悪くなりがちで、前かがみになる方が多く、太ももの後ろの筋肉は一向に鍛えられません。この猫背の姿勢を続けるとあごが出始め、おなかに脂肪がついてきます。あごが出るような歩き方をしている人は特に気をつけましょう。

 つまり、姿勢を良くして歩き方を変えるだけで、血流の滞りを大きく改善することが可能です。

 この時期はとにかく体調キープ、温めキープ、ということで本格的なボディメンテナンスは小休止。血流アップをはかり、リラックスを心がけておくことで、来年1、2月の体調が全く変わってくるのでまずは良好状態を保つことを心がけましょう!

(以上、 YAHOO!ニュースより引用)
☆  ☆  ☆  ☆  ☆






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。