キレイの秘密!~美肌のススメ
いつまでも若く 輝いていたいから


☆キレイを決してあきらめないで!☆

シミ・シワ・たるみなどの悩みを解消して
美と健康を手に入れましょう
内から外からアンチエイジングでぷるぷる美肌

♪  ♪  ♪ 大人気 ♪  ♪  ♪
真鍋かをりさん愛用!プロアクティブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファンデーションを塗らないことが実は美容法?
ほぼ毎日塗っているファンデーションについて、
夏から秋に向かう今の季節はどんなタイプのファンデーションを
選んだらいいのか、参考になる記事をご紹介します。

皮膚科専門医のまのえいこさんが語っています。

(以下、 YAHOO!ニュースより引用)

「本当はファンデーションを塗らないほうが、肌にとっていいんです。肌は、洗顔後時間が経つと自然に皮脂が浮いてきます。一日中ファンデーションを塗っているとその皮脂とファンデーションが毛穴をふさいでいる状態になり、肌トラブルや老化を招いてしまいます。しかし反対に、ファンデーションを塗っていなければ毛穴はふさがれず、余分な皮脂は石けんを使い水やお湯で洗い流すことができるので、肌にとっては効果的です」(まのえいこさん)

とは言っても、ノーメイクで通勤したり外出したりするなど考えられない…なんて女子は、どうしたらいい?

「ファンデーションだけを塗らずに、アイライン、アイシャドウ、口紅などを塗るポイントメイクのみにすれば、ノーメイクにはなりません。一度試してみてください」(同)

でも、今の季節は紫外線を防ぐためにもファンデーションは必要なのでは?

「もちろん紫外線対策は必須です。でも、ファンデーションを塗っていれば安心と思っていることは間違い。ファンデーションを塗っていると紫外線に対して無防備になりすぎていることが多いんです、大きめのつばのついた帽子をかぶったり、日傘をさすほうが紫外線予防に効果的。ファンデーションを塗らなくても日焼け防止のクリームやローションを使用する方が強力です」(同)

肌のためにはいいと知っても、シミやシワを隠したいからファンデーションをやめられない…なんてときは、どうしたらいい?

オイリー肌の人は、ベタつかないパウダーやローションタイプ乾燥肌の人は潤い成分も含まれるパウダリーモイストタイプのファンデーションを選んで、薄く塗るようにしましょう。厚塗りは、皮膚呼吸を妨げてニキビなどの肌トラブルの原因になるので禁物です」(同)

休日はファンデーションを塗らずに過ごしてみたり、ウィークデーもたまにはポイントメイクだけの日を作ってみてもいいのかも。いつまでもきれいな肌でいられるように、ファンデーションとの付き合い方を考え直してみよう!

まのえいこ
皮膚科専門医。日本美容皮膚科・日本臨床皮膚外科・日本皮膚科学会正会員、JR東京総合病院皮膚科医長を経て、1987年にドクターマノメディカルクリニックを設立。「皮膚科専門医による美容医療」をコンセプトにニキビ、毛穴、赤ら顔、しみ、タルミなど「ただ治すだけでなく、より美しく治すこと」を目的とした心と体のトータル美容を実践。海外からの最新医療美容機器や治療法を積極的に取り入れ、アンチエイジングにも力を注いでいる。『スキンケア・ナビ』(日本文芸社)『正しい美肌』(PHP文庫)など著書・講演多数。

(以上、 YAHOO!ニュースより引用)
☆  ☆  ☆  ☆  ☆





コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/11/01(火) 05:30:51 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。