キレイの秘密!~美肌のススメ
いつまでも若く 輝いていたいから


☆キレイを決してあきらめないで!☆

シミ・シワ・たるみなどの悩みを解消して
美と健康を手に入れましょう
内から外からアンチエイジングでぷるぷる美肌

♪  ♪  ♪ 大人気 ♪  ♪  ♪
真鍋かをりさん愛用!プロアクティブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の“パサパサ髪”を防ぐ方法
 一段と寒さが厳しいこの季節。肌の乾燥はもちろん、頭皮の乾燥や髪のパサつきが気になる方も多いのではないでしょうか。

 顔の肌と頭皮はつながっており、構造も一緒です。肌が乾燥するように頭皮も乾燥します。頭皮が乾燥すると、潤いがなくなり弾力が低下します。そして髪にもハリやコシがなくなりパサつきやすくなるのです。乾燥しやすい冬は、頭皮や髪もしっかり保湿を行い、乾燥を防ぐことが大切です。

 ◇シャンプー前にオイルケアをしましょう

 ホホバオイルなどの植物油(化粧品用)をシャンプー前の乾いた頭皮になじませ、軽くマッサージしましょう。頭皮や髪に適度なうるおいを与え、パサつきを防いでくれます。また、乾燥による古い角質や汚れを除去してくれるので、頭皮のかゆみやフケが気になる方にもおすすめです。血行も促進され、髪のハリやコシもアップします。

 ◇頭皮は指の腹で、髪はこすらず洗いましょう

 濡れた状態の頭皮や髪はとってもデリケートです。爪を立ててゴシゴシ洗うと、地肌を傷め、乾燥の原因になります。指の腹で優しく頭皮を揉むように洗いましょう。髪はこするとキューティクルがはがれ、パサつきの原因になります。こすらないように注意しましょう。

 ◇お湯の温度に気をつけましょう

 冬は寒いので、熱めのお湯で頭皮を洗っている人も多いのではないでしょうか。実は、これが頭皮や髪の乾燥の大きな原因にもなっています。必要以上に水分や油分を取りすぎないように、適温(約38~40度)で洗髪するように心がけましょう。

 ◇ブラシは静電気がおきにくい天然素材を選びましょう

 冬は乾燥によって髪にも静電気がおきやすく、切れ毛や枝毛の原因にもなります。ブラッシングの際は、静電気が起きにくい木製や猪毛などの天然素材を使用し、毛先から徐々にとかすようにしましょう。

(以上、YAHOO!ニュースより引用)
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。